胡蝶蘭

贈るものに適した物

香典返しの相場とそのマナー

香典返し

葬儀で納められた香典は、遺族側が香典返しを行うのが一般的です。これらは、香典の1/3から半額をお返しするのが相場です。人によって香典の額が違ってくるので、その人に合わせた香典返しをしていきます。このため、香典をチェックしておくことはとても重要で、失礼のないように慎重に行うようにします。また、身内で高額な香典を頂いた場合は、半額の半返しでも失礼に当たりません。その香典返しに付け加えて、お礼状を書いておくとなおいいでしょう。 そして香典返し自体が金銭ではなく品物であり、お菓子やお茶にタオル類を選ぶ人が多いです。この香典返しは、すぐに消耗できるものが基本となっています。しかし魚や肉類などは宗教上の事情から、マナー違反となるので気を付けましょう。

時代に合わせた心遣いの形

最近では葬儀が簡略化される場合が多いことから、香典返しも同じような傾向を見せています。そのため、香典を受付けない葬儀に対しては、香典返しも不要となります。こういった葬儀は今では珍しいことではなく、気遣いに配慮された形として行われています。 またこれらを行う時期は、49日の喪が明けてからです。一般的になった当日返しとは別に行うので、49日までには贈る人への準備をしておきます。こういった行いは葬儀店の他に、ギフト店などでも受け付けられています。最近はカタログギフトを利用する人も多く、品物に左右されず好きなものを選べるので好評となっています。のしなども全て用意してくれるので、手間もかかりません。これらは早すぎず、そして遅れることなく行うのが相手への礼儀となるので心掛けておきます。