女性

ネットを活用して選ぶ

女性

香典返しの選び方は様々で、多くの方が迷ってしまうでしょう。そのような際にはインターネットサイトなどを利用して選べば問題なく香典返しを選べるようになっているので大変便利です。

結婚式などで頻繁に利用されるのが電報です。こちらは、メッセージと共にプレゼントなどを送るということも可能です。

»読んでみよう

喜ばせるため

プレゼント

電報というと結婚式を思い浮かべる人が多くなっているでしょう。しかし、結婚式以外にもお葬式、退職祝い、祝賀パーティーなどにも利用できます。忙しくて参加が難しくなる場合でも電報サービスという手があるのです。

»読んでみよう

贈るものに適した物

香典返し

葬儀の際に遺族側は香典をいただくため、香典のお返しにと香典返しを行なうのが遺族側のマナーとなっています。日本人としてしっかりとマナーを守るためにもしっかりと香典返しについて知っておきましょう。

»読んでみよう

香典へのお返しを贈る

香典返しのカタログギフトのご注文ならこちらがおすすめです。こだわりの商品満載ですよ!マナーなども紹介しています。

香典返し

葬儀などの香典返しについて、初めて葬儀をされる人にとっては通夜、葬儀の段取りと合わせていろいろ悩むところだと思われる。 一般的に香典返しの相場は、頂いた香典の半額をお返しするという方法である。現在の葬儀当日の香典返しは約2000円から3000円である。これは葬儀会社なども段取りしてくれるため、香典が5000円だった場合には、その当日返しのみで問題は無い。 それよりも高額の香典をいただいた場合である。 例をあげるとすれば、10000円の香典をいただいた場合である。半額は5000円になるが、当日の香典返しが3000円だった場合、残り2000円分を別にお返しするのがマナーである。お返しは忌明けに行うのが望ましいといわれている。

では、親戚の中でもより近い家から高額の香典をいただいた場合はどうなるのか。 例えば50000円の香典をいただいた場合、合計25000円分の香典返しをしなくてはいけないのか、といえばその必要はない。いただいた額の3分の1から4分の1であっても失礼にはあたらない。親族や身内からの気持ちの分でもあるため、ありがたく受け取っておくのも礼儀である。 このように一般的には半額返しではあるが、相手が親族、身内である場合には、異なる場合もある。こうした部分をしっかり理解して対応しておくことが必要である。 また、香典返しだけでなく、生花をいただいた方や弔電をいただいた方、そして葬儀をお手伝いしていただいた方へのお礼も忘れてはならない。